専門家でないと戸籍謄本の取得は難しいのでしょうか

戸籍の取得は、現在(亡くなられた時)から過去(出生)にさかのぼって取得して行きます。

相続手続きとしたいと思い、金融機関等に行くと、亡くなられた方の「戸籍謄本」を1式お持ちくださいと言われます。そう言われた相続人さまから、「自分たちで取得することはできますか?」とお問い合わせいただくことがあります。
“専門家でないと戸籍謄本の取得は難しいのでしょうか”の詳細は »

相続における銀行解約手続きについて

放置された預金のことを休眠口座といって、日本に数百億円ほどあると言われいます

亡くなられた方の殆どが預金口座をお持ちです。しかし、亡くなられたあとは口座が凍結されてしまいますので、簡単に引き出せなくなってしまいます。
“相続における銀行解約手続きについて”の詳細は »

相続税の2割加算とういうのをご存知だろうか

相続税法は飛び越えて譲ることによる税逃れを抑えるために、2割加算の制度を用意しています。

各相続人の相続税額は、全体の相続税額を各自の取得遺産の配分に応じて算出した税額を基にして、
各ケースの状況により控除や加算をされ、それらを算出して決まります。
ここでは、相続税を2割加算される場合についてご説明します。
2割はかなりの負担になるので注意が必要です。
“相続税の2割加算とういうのをご存知だろうか”の詳細は »

相続の遺言のとっておきの情報です

もめないようにするには「遺言書」が重要です。遺産分割協議は不要となり、不動産 等の名義変更等にも効力を生じます。

遺言を作る際のポイント
★資産、負債の明確化。
★預貯金通帳の確認、整理
★株式・国債券等の確認
“相続の遺言のとっておきの情報です”の詳細は »

相続人の廃除をするとこんなことになるんです

廃除された推定相続人は相続権を失います。かなり条件は厳しいですよ

被相続人に対して虐待・侮辱あるいは著しい非行があった場合、被相続人は家庭裁判所に申し立てる事によって、その相続権を喪失させることができます。

これを相続人の廃除と呼びます。
“相続人の廃除をするとこんなことになるんです”の詳細は »

相続では配偶者の税額を軽減できるのだ

被相続人の配偶者に対して一定の金額までは配偶者にそうぞく税はかからないという制度。

配偶者の税額の軽減について。
被相続人の配偶者に対して一定の金額までは配偶者に相続税はかからないという制度。
次の金額のどちらか多い金額までは配偶者に相続税はかかりません。
“相続では配偶者の税額を軽減できるのだ”の詳細は »

農地の区分と評価方法と相続

財産相続はプラスとマイナスがあり、「継ぐか継がないか」という焦点をはっきりと調査しておく必要があります。

土地の地目には、宅地・農地・山林・原野・牧場・池沼・鉱泉地・温泉地・
雑種地などがあります。

農地はさらに次の4つに区分けされています。

①純農地
②中間農地
③市街地周辺農地
④市街地農地
“農地の区分と評価方法と相続”の詳細は »

宅地ではない土地だって相続の評価がつく

相続時の相続財産と合計し相続税から控除されます。また合計相続税が納付した贈与税より少ない場合は納付超過分が還付されますよ

計算方法をしょうかいする。①② 固定資産税評価額×所定倍率③  (宅地とした場合の評価額-宅地造成費)×0.8④  宅地とした場合の評価額-宅地造成費
“宅地ではない土地だって相続の評価がつく”の詳細は »

相続の遺言書作成で気をつけたいポイント

遺言執行者が指定されていないときは、相続人などの利害関係人が家庭裁判所に遺言執行者の選任を申し立てます

⑪ 子の認知子の認知は、遺言によっても可能である。
⑫ 相続人の廃除及びその取消し被相続人は、遺言で相続人の廃除の意思表示ができる。
また、廃除の取消しも遺言によってすることができる。
“相続の遺言書作成で気をつけたいポイント”の詳細は »

贈与と相続ってすごく密接に関係するんです

配偶者が遺産の分割などで実際に取得した財産をもとに計算するので相続税の期限までに分割されていなければ軽減対象外となります。

生前の贈与税

相続や遺贈で財産を習得した場合、被相続人
から死亡前3年以内に贈与によって取得した財産があるとき
贈与を受けた財産のその贈与時の価格は、
相続前3年以内の贈与、相続時精算課税制度の特例により
贈与額は課税対象となってしまいます。
“贈与と相続ってすごく密接に関係するんです”の詳細は »

« 過去の記事