相続における銀行解約手続きについて

亡くなられた方の殆どが預金口座をお持ちです。しかし、亡くなられたあとは口座が凍結されてしまいますので、簡単に引き出せなくなってしまいます。

相続人同士の遺産分割協議がまとまらず、いつまでたっても銀行預金の相続ができないことがあります。このような時、自分には法定相続分で何分の1は権利があるのだから、その分だけ銀行預金を解約したいと思いますよね。

しかしほとんどの銀行は、法定相続分だけの解約には応じてくれません。全員の遺産分割協議がまとまるか、調停等で決着がつくまでは、預金の解約をしてくれないんです。預金を引き出すことができない場合、例えば、固定資産税や、その他もろもろの費用を立替しなくてはならないことがでてきてしまいます。
そういう意味でも、相続人さま皆様が歩み寄って、遺産分割が早くまとまるように日頃から話し合いをされたり、遺言を残したりすることが必要かもしれませんね。

ちなみに、銀行預金を放置したからといって、預金が消えてなくなることはありません。

«
 

トラックバックURL