相続の遺言書作成で気をつけたいポイント

⑪ 子の認知子の認知は、遺言によっても可能である。
⑫ 相続人の廃除及びその取消し被相続人は、遺言で相続人の廃除の意思表示ができる。
また、廃除の取消しも遺言によってすることができる。⑬ 財団法人の設立のための寄付行為ができる⑭ 信託の設定ができる 上記のうち遺言によらなければできないものは①~⑨、までと ⑩(遺贈に関する持戻しの免除)遺言でも生前行為でもできるものは、しても良い。

⑩(遺贈による持ち戻しの免除を除く)、 ⑪~⑭相続には、たとえば土地などの不動産が含まれている場合、相続財産の中に預貯金などがあれば名義変更の手続が必要。遺言の内容を実現する手続を遺言の執行といい、遺言の執行をする人を遺言執行者という。遺言執行者は、遺言で指定することができますから覚えておきましょう。ちなみに某全日本サッカー選手は申請するにあたり、プラス面の財産だけでなく債権があった場合マイナス面としてその債権も処理することができる。

*遺言執行者遺言の内容を実現する手続を遺言の執行といい、遺言の執行をする人を遺言執行者と呼んでいます。遺言執行者は、遺言で指定することができます。遺言執行者が指定されていないときは、相続人などの利害関係人が家庭裁判所に遺言執行者の選任を申し立てる。 遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする、権利義務持つ。そして、相続人は相続財産の処分その他の遺言の執行を妨げる行為をすることはできません。

遺言執行者は、相続人でもなれる。ただし、相続人の不利益になることもあるので、遺言執行者は、中立的な第三者を指定するが良い。

駅からすぐだから横浜の人が相続の相談に来る事務所だ
遺言は書けばいいものではなくて、相続のときに家族が円満に手続できる目的で残すものだろう。
とすれば、どうやって目的を果たすのか横浜の相続の専門家にアドバイスを求めるが近道だ。
www.souzoku-shien.net/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む