相続の遺言のとっておきの情報です

遺言を作る際のポイント
★資産、負債の明確化。
★預貯金通帳の確認、整理
★株式・国債券等の確認
一覧表の作成。
★生命保険(医療保険含)の見直し、 内容確認
必要な保障と不必要な保障土地(自宅以外も含む)
★建物の権利書の確認と登記簿謄本(全部事項証明書)の取得
および内容の再確認・・・権利関係等の確認。

★連帯保証事項の確認。
★老後の収支計画立案、ローンの返済計画確認
★遺族年金、生命保険の受取り手続・・・受取人への引継ぎ事項
★葬儀の方法、リスト作成など。
被相続人(親)が生きている間はもめごとが表にでることはありません。
しかし、亡くなった後は、想像もできないほど変化するケースが多いのです。
相続でもめると、人間関係を壊してしまいます。兄弟姉妹あるいはその子供達である従兄弟(従姉妹)まで巻き込んでしまうのです。相続を考えるうえで不動産がいちばん厄介だということも言われます。もちろん債権、借金も相続財産です。もめないようにするには「遺言書」が重要です。遺産分割協議は不要となり、不動産 等の名義変更等にも効力を生じます。

相続の相続でよく聞くのは「相続税はどれくらいとられるのですか。」という点です。税金がどれくらいでるかは計算できますので、比較的すぐに把握することができます。しかし人間関係の揉め事については、起こってみないことにはわからなく、やっかいなことが多くあります。

横浜で相続に役立つ遺言の作成をサポートする人
相続が揉めるとすれば、人間の欲がからんだ場合でしょう。しかしあまりに不公平さが無ければ揉める事は避けられます。いわゆる「みんなが納得する形」であれば多少の差があっても良いのです。
www.souzoku-shien.net/seizen/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む