安心して相談できる横浜の司法書士事務所

おすすめページ
法的に定められている法定相続分の内容です。以外とシンプルな取り決めではないでしょうか? これを基準として頭に置いて、専門家に相談することも一つの手段だと思います。
一見、すっきりしているように見える法律ですがいろいろな問題が実際には生じます。例えば入籍をしていなく内縁関係にある場合の相続権などがその例でしょう。

法律でいう配偶者とは、法的に婚姻関係がある場合をいいますが(婚姻関係を役所に提出し、受理されることが条件)、届けがない場合は相続人とはなれません。財産を相続して欲しい場合は、遺言状に被相続人がその旨を記載する必要があります。この場合、内縁関係にある夫婦の間に生まれた子供は法律上は非嫡子(婚姻関係外で生まれた子)となります。認知されていれば相続人となり、法定相続分は婚姻関係が法的に認められる夫婦の間に生まれた嫡出子の1/2となります。

相続手続支援センター・横浜駅前