安心で安全な債務整理サポート風です

遺族基礎年金とは受給できるのが上記のとおり妻か子のみとなります。
60歳以上、65歳未満で国民年金のみに加入していた人が
亡くなった場合には、一定条件を満たしていれば「遺族基礎年金」
「寡婦年金」「死亡一時金」のいずれかを受けとることが
できます。

金銭的に有利なのは、通常は遺族年金で死亡一時金等よりも
優遇された内容となっています。
必要な添付書類とともに、被保険者の住所地の市区町村に提出
します。

寡婦年金の場合は、妻のみが60歳から65歳の間だけに
支給されるもので、18歳未満の子がいない妻(内縁関係を含む)
へ、支給されます。
妻は夫が受け取るはずだった老齢基礎年金の3/4にあたる額の
支給を受け取ることができます。

寡婦年金は妻が65歳となり、自身の老齢年金を受け取ることが
できるようになると打ち切られます。
また再婚した場合、老齢既存年金の繰り上げをした際にも
打ち切られます。

死亡一時金は、寡婦年金との選択制になることもあります。
保険料納付期間が3年以上ある人が老齢基礎年金と障害基礎年金の
いずれも受けずに亡くなった場合、その遺族には死亡一時金が
支給されます。

資格がある遺族は、亡くなった人と同一生計であった配偶者、
子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹でこの順番に需給できます。

遺族の中に遺族基礎年金を受けられる人がいる場合には
支給されません。

葬祭料、埋葬料などの手続きについて次に触れていきます。

国民健康保険の葬祭料は、国民健康保険の被保険者が死亡すると
葬祭料を請求できます。受給できる金額は自治体により異なります
が、2-7万円くらいのようです。請求は国民健康保険葬祭費請求書で
行うことになります。

また健康保険の被保険者がなくなった時には埋葬料を請求することが
できます。被保険者の被扶養者がなくなった場合とでは、
支給される埋葬料や手続きが異なります。健康保険の被保険者が
亡くなった場合は勤務先が手続きを行う場合もあります。

債務整理の情報が手に入るブログ

ブログで理解!債務整理のいろは

債務整理って大変?

債務整理、任意整理、過払い金の手続きについて

債務整理の参考書。

債務整理ひゃくじゅうきゅうばん。

債務整理のすべて

安心丁寧、債務整理百科辞典

債務整理の教科書

これで安心、債務整理

身近な債務整理

債務整理の駈込み寺

債務整理って何?

債務整理のHOW TO

債務整理は怖くない!

ドンマイ!債務整理のブログ

にこやか人生明るく債務整理

トリプルガード!債務整理の相談的ブログ

債務整理で明るい人生!

やってよかった債務整理

債務整理の知恵袋

債務整理とは?

債務整理について詳しく教えます!

債務整理ならこちらへ。

どうする債務整理

まかせて安心、債務整理

債務整理、その後

債務整理をするとどうなる?

債務整理は難しい?

債務整理の手引き

債務整理て手間がかかる?

債務整理のマニュアル。

債務整理のキーパーソン

債務整理ってどんなこと?

債務整理で再スタート

債務整理は怖くない

勇気を出して債務整!

債務整理はお早めに!

債務整理で明るい未来!

過払い金を請求するときの情報がわかるブログ

過払い金のなんぼ・・・

過払い金とは、文字通り払いすぎた金利です!

過払い金を司法書士に頼んで請求する方法

過払金の知恵袋。

過払い金請求マニュアルブログ!

13からはじめる過払金談話。

過払い金のいろはにほへと