現実を考えて相続と必要なお金を割り出す

金融機関によっては相続人代表の申請で葬儀費用程度の預金を引き出してくれるところもありますよ

現実的にいえば相続が発生すると
葬儀費用などが必要となり、現金は手元に
あったほうがいいですね。
“現実を考えて相続と必要なお金を割り出す”の詳細は »

相続した財産を適切に世代へ受け継ぐ為に

住宅取得のための贈与であれば基礎控除額が500万円増えますし、相続時精算制度が適用されれば2,500万円も非課税に!

孫への贈与は生前贈与として有効です。

この「相続時精算課税」制度と従来どおりの贈与税の
納税方式である「暦年課税」とのいずれかを申告時に選択できるが、
一度選択したら、後からの変更はできないとされ、
尚、2009年(平成21年)12月31日までであれば
(2008年度現在)、住宅取得等資金(住宅新築や購入、増改築。
一定要件が必要)の贈与に限り、従来の2,500万円控除に1,000万円を
プラスし、3,500万円まで控除を受けられる特例がある。
“相続した財産を適切に世代へ受け継ぐ為に”の詳細は »

最新の記事 »