タグ: 信託

相続の遺言書作成で気をつけたいポイント

遺言執行者が指定されていないときは、相続人などの利害関係人が家庭裁判所に遺言執行者の選任を申し立てます

⑪ 子の認知子の認知は、遺言によっても可能である。
⑫ 相続人の廃除及びその取消し被相続人は、遺言で相続人の廃除の意思表示ができる。
また、廃除の取消しも遺言によってすることができる。
“相続の遺言書作成で気をつけたいポイント”の詳細は »